タイガーウッズがパターを変えたのが今年の6月ごろでした。

メジャー14勝の内13勝をしていたエースパター

“スコッティ・キャメロン ニューポート2 GSS”をを一旦休ませるかたちで

テーラーメイドTPコレクション

アードモア3 プロトタイプ(日本未発売)

を使い出してます。

この色のネックのタイプはプロトタイプなのでまだ日本では販売されていませんが

同じタイプの色違いは発売されています。

 

スポンサーリンク

タイガーウッズのポイントはパター!?

タイガーウッズは4度の腰の手術からの復帰をして

自身も信じれないほどの回復力で

全盛期を思わせるようなショットを打ってギャラリーを沸かしていましたが

 

成績は思うように上がってきませんでした。

マスターズで32位

プレーヤーズ選手権11位

メモリアル・トーナメント23位

全米オープンでは予選落ち

 

ショットでは素晴らしい復活をしてるタイガーが

成績がいまいち上がってこないのは

パッティングに問題があるのでは?と言われていました。

 

メモリアル・トーナメントでは首位と5打差の8位で最終日を迎えていましたが

2m以内のパットを7回も外し優勝争いから脱落していました。

タイガーウッズ自身も

飛距離も戻って、ショットは完璧。
あとは、今年の初めのようにパッティングさえ決まれば……
出典 PGA TOUR

と嘆いていたそうです。

バハマで試した結果テーラーメイド アードモア3に

そこでオフウィークにバハマに滞在して新しいパターをいろいろと試し

テーラーメイドのアードモアを選んだそうです。

まずは自分のフィーリングを感じられるものが欲しかった。
正しい位置で構えられて、ラインが見えるものが欲しかった。
思ったラインに打ち出すことができれば、
以前のようにパッティングができるはずだからね
(ここ最近は)思ったところに打ち出せなくて、
ラインさえも分からなくなってしまう、という悪循環にあった。
そこから抜け出したいんだ。
出典 Yahoo ニュース

 

そこからは

クイックン・ローンズ・ナショナル 6T

全英オープン 6T

WGC-ブリヂストン招待 31T

全米プロゴルフ選手権 2位

 

とどんどん優勝争いに絡んできてます。

スポンサーリンク

パッティングのスタイルにも変化が!?

パターを変えて数ヶ月たって全米プロあたりから

パッティングのスタイルも少し変化してきましたね。

若干、ハンドアップになり肘を少し開いて構えるスタイルになってきました。

パターの特徴に合わせて行くとそうなったのかもしれませんね。

 

これからパッティングの調子が上がってくると

以前のエースパタースコッティ・キャメロン ニューポート2 GSSに

戻る時がくるのかもしれませんが今はテーラーメイドのTPコレクション アードモア3が

合ってるみたいですね。

実際のおすすめはこちら

先日、このテーラーメイドのTPコレクション アードモア3の

通常発売モデルの赤いパターを打ってみたのですが

めちゃめちゃ引っ掛けました(笑)

 

僕はこのネックのタイプよりニューポートやピンパターのタイプの

ネックのアードモア3がよかったです。

本当によかったので買う寸前でしたが諦めました・・・
(今も心に引っかかってるほどよかったです)