スポンサーリンク

2018年プレーオフシリーズ第3戦 BMW選手権の初日

 

タイガーウッズ のパターがついに伝説の

 

“スコッティ・キャメロン ニューポート2 GSS”

 

に戻しました。

タイガーウッズ がついにエースパターに戻す

 

View this post on Instagram

 

Marcus Potterさん(@potters_putting)がシェアした投稿

13回メジャータイトルを勝ったこのパターに戻して

ついにスイッチオンですね!

 

こんなに早く戻すとは思ってなかったですが

イメージが合わなくて使ってなかったエースパターに戻したってことが

ここ最近の調子の良さが伺えます。

 

そして初日が62のラウンドですよ。

 

 BMW選手権初日のタイガーウッズ のハイライト

 

そんなラウンドのハイライトをどうぞ。

 

ここ数試合パッティングのイメージが合わず

 

イメージしたラインにボールが打ち出せていないとして

 

テーラーメイドのマレット型のTPコレクション アードモア 3

 

を使って徐々に調子を上げてきて

 

その後、同じくテーラーメイドのピン型の

 

 

に変えてきていたのも

 

このエースパターにイメージを合わせる準備だったのかもしれませんね。

 


スポンサーリンク

タイガーウッズ のスタッツ

現在のタイガーウッズ のスタッツがこれです(2018年9月4日時点)

 

世界ランキング26位 3.9914
FedExランキング25位 1342
賞金ランキング9位 3,511,091
平均ストローク9位 69.563
平均パット数48位 1.754
平均飛距離32位 303.5
バーディー率22位 3.92
リカバリー率 10位 64.33

 

ランキングは徐々にジワジワと上がってきてます。

平均パット数はあまり良くなく見えますが

リカバリー率の良さを考えるとショートパットが

入っていない訳ではなさそうです。

決めどころのクラッチパットがあまり決まっていないのかもです。

 

そのクラッチパットがエースパターに戻して

決まりだしたからこその62のラウンドですね。

 

あとはそのパットが

最終日のしびれる場面で決まってくると

強いタイガーウッズ の復活ですね!!

 

パット以外のショットは

かなりいい状態に見えます。

 

復活優勝は間近ですね!

 

ライダーカップのメンバにも選ばれましたし

11月の感謝祭の時期には

長年のライバルのフィル・ミケルソンとの

10億円をかけたテレビマッチが開催されます。

Embed from Getty Images

やっぱりゴルフ界は

タイガーウッズ を中心に回ってますね。

 

15回目のメジャータイトルを手にする日は遠くないかもしれませんね。

スポンサーリンク