Embed from Getty Images

 

7月から手首の怪我で試合を欠場していた

鈴木愛プロが2ヶ月ぶりに

日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯で

復帰しました。

 

2ヶ月休んでいる間に

賞金ランキングは3位になってしまいましたが

2ヶ月休んでもまだ3位に入れることがすごいです。

それだけに前半戦の活躍がすごかったことを物語っています。

 

そんな去年の賞金女王の鈴木愛プロの1番の武器は

何と言ってもパッティングです。

 

平均パット数が

2015年3位

2016年1位

2017年2位

と毎年安定してることが伺えます。

 

平均パット数はショットの良し悪しやアプローチの

影響があるので純粋にパッティングだけの出来ではない

ことは言えますがそれでもこれだけ何年も安定してることは

すごいことだと思います。

スポンサーリンク

鈴木愛プロのパッティングの特徴

 

鈴木愛プロの使用パター

鈴木愛プロのエースパターは

ピンのヴォルト アンサー2

使っていますが調子によっては

センターシャフト装着の

ヴォルト 2.0のプロトタイプ

を使うこともあります。

ストロークがおかしくなったらパターを変えて

矯正しているそうです。

その他に練習ではL字マレットを使うこともあるそうです。

 

これらの使い分けは

エースパターのピン型のパターで

ストロークがインに上がりすぎだすと

センターシャフトのマレットで矯正。

インに上がるのを意識しすぎてアウトに上がり出すと

L字のマレットで矯正するそうです。

 

同じパターで打ち方だけで直そうとすると

ストロークが気になりだして

本番でもストロークに意識が行ってしまい

良い結果に繋がりません。

 

自分の癖がわかっていて

その矯正方法が確立していることが

鈴木愛プロの一つの強みですね。

 

鈴木愛プロのパッティングスタイル

鈴木愛プロのパッティングのスタイルは

少しワイドスタンスで

若干ハンドダウン気味です。

両ひじは外に張らず腕全体で

逆三角形を作った状態でストロークします。

Embed from Getty Images

グリップはオーソドックスな

逆オーバーラッピングです。

 

この形を保って

肩甲骨を中心に背中の筋肉

ストロークすることが大事なことだそうです。


スポンサーリンク

鈴木愛プロパターのルーティーン

ほとんどのプロゴルファーは

パッティングに入るタイミングが決まっています。

いわゆるルーティーンが決まっています。

 

そして、このルーティーンで

パッティング巧者には共通することがあるんです。

それは、

パッティングにかける

 

時間です。

 

パッティングの上手い人はかける時間が短いんです。

ボールに対峙してから打つまでの時間が

共通して9秒以内で安定しています。

 

パッティングが苦手な人ほど構えてから

色々考えてしまい時間がかかってるんですね。

 

鈴木愛プロも9秒以内で安定しています。

 

これはパッティングの上手い人の共通点で

男子プロでパッティングが上手いと言われる

谷口徹プロや谷原秀人プロも9秒以内です。
(谷原プロは5秒かかってないです)

 

鈴木愛プロのルーティーン

  1. ボールの後ろに立って3回素振り
    (ここでタッチを合わせる)
  2. 右手で目標にフェイスを合わせてセット
  3. 左手を添えてスタンスを決める
  4. 一度カップを見て確認
  5. カップを見ずに打つ

 

自分でパッティングが苦手と思ってる人は

この手順を真似してみてパッティングにかかる

時間を意識してみるといいかもしれませんね。

 

鈴木愛プロのパットの練習方法

鈴木愛プロは練習量が多いことでも有名です。

トーナメント会場で

遅くまで一人残ってパッティンググリーンで練習

しています。

 

そんな練習量の裏ずけがあっての結果なんだと思います。

 

そんな鈴木愛プロはどんな練習をしているのでしょうか?

 

アマチュアにもとても参考になると思います。

 

鈴木愛プロがやっている練習方法は

傾斜のない真っ直ぐなラインで

1メートルの距離を真ん中から入れる練習をするそうです。

 

体が疲れたり

ショットの調子が悪くなってくると

パットのストロークやアドレスに影響が出るそうです。

それを1メートルのパットで矯正していくそうです。

 

とにかく順回転で転がるボールを真ん中から入れ続けるみたいです。

 

単純ですがこれを続けるのは結構辛いです。

単純で単調なのですぐに飽きます。

 

こういうことをコツコツできてることが強さの秘密ですね。

 

鈴木愛プロのパットのレッスン

鈴木愛プロがパッティングのレッスンをしてる

動画がありました。

これかなり参考になりますよ。

 

鈴木愛プロ曰く

テークバックは全く気にしない!

だそうです。

決めた目標にヘッドをだしていくだけだそうです。

このパッティングのコツは次のラウンドから試してみる価値ありです。

しかし、鈴木愛プロから直接パッティングのレッスンは羨ましいですね。

鈴木愛のゴルフクラブのセッティングは!?

スポンサーリンク

まとめ

やっぱりパットが上手い人には上手い理由があります。

 

自分の癖を知り矯正方法があり人の倍の練習量

 

だからパットが入るんです。

 

そんな鈴木愛プロはインスタグラムをやっていません。

なんでやらないのか聞いたら

「インスタする時間があったら練習するか寝たいから」

だそうです。

強いわけですね。

怪我から復帰したばかりですが

これからの巻き返しが楽しみですね。