View this post on Instagram

 

@hasi84motorがシェアした投稿

 

ゴルフのスコアの多くの割合を占める

グリーン周りのアプローチですが

 

なかなか練習する場所がなくて

なかなか上達しにくいのも事実です。

 

芝生の上から打てる練習グリーンが

家の近くにある方の方が少ないと思います。

 

筆者の行く練習場には

運のいいことにアプローチの練習グリーンがあります。

そこで休みの日などはよくアプローチの練習をするのですが

 

人と練習グリーンで被ったことがありません。

 

練習打席にはいっぱいの人なのですが

アプローチグリーンではいつも一人です。

 

すごく勿体無いなーといつも思ってます。

もっと使えばいいのにと。

 

 

100球打つより

1時間の練習グリーンでのアプローチ練習の方が

スコア縮まります!絶対!

 

練習グリーンが近くになくてもできる練習打席での練習方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

アプローチのおすすめ練習方法

 

まず、アプローチの基本ですが

最初はボディーターンで打つ

コックを使わないアプローチをお勧めします。

 

なぜなら安定するから。

 

手打ちやコックを使うアプローチは

クラブの入射角度が安定しにくいです。

 

入射角度が安定しないと

距離感が安定しません。

 

だからなるべく手を体と同調させて

体の動きで打つことで一定な入射角度を覚えて

それからいろんな打ち方に挑戦することをお勧めします。

 

腕と体の同調するための練習方法

 

View this post on Instagram

 

Piers Berringtonさん(@piersbgolf)がシェアした投稿

タオルを両脇に挟んで

タオルが落ちないように打ってください。

 

脇がしまっている状態だと手だけでは打てません。

 

アプローチが苦手な方は

脇が空いていて手が動きすぎてしまい

上から打ち込んだり

手でヘッドを走らせてしまいすくい打ちになったりしています。

 

この脇を締めるドリルで体の回転で打つ感覚を覚えてください。

慣れてきたら左脇だけにヘッドカバーを挟んでの練習もオススメです。


スポンサーリンク

さらに高度な練習方法

 

View this post on Instagram

 

Kerrod Gray Golf Coachingさん(@kerrodgraygolf)がシェアした投稿

脇を閉めたアプローチができるようになったら

この練習方法もオススメです。

 

それが片手打ち

プロも練習でよくやっていますよね。

あの松山英樹プロも練習のはじめは片手打ちから始めています。

 

片手打ちは手と体を同調を意識するとてもいい練習方法です。

 

 

クラブは手で持っているので

手を振って打たなきゃいけないような

感じがしますが手で振ってる限りなかなか上達はありません。

これはアプローチに限らずショット全てにおいてです。

 

片手打ちをすると手で振ると当たりませんし飛びません。

 

片手で打つときは足も使い全身の回転で打つことが大切です。

 

右手で打つ場合

右肘は軽く曲げていてください。

左手を右肘あたりに添えてもいいです。

脇を締めておへその前あたりにグリップをキープして

体からクラブが遠ざからないように体で振ってください。

右肘を下に向けて曲げておくことが大事です。

 

左手で打つ場合

左手で打つときは右手を左脇に挟むか

胸に右手を当てておくかして体の感覚を意識しやすくしてください。

左手でも右手同様手で上げるのではなく

体の回転でクラブを振ります。

コツとしてはヘッドを左サイドで押し込んで上げて行く感じです。

あとはしっかり脇を締めたまま体の回転で打ちます。

 

左右の片手で打っても

出玉の高さが揃ってくることが理想です。

右手・左手・両手で打っても高さが同じになってくれば

体の回転で打ててる証拠です。

スポンサーリンク

まとめ

ゴルフのスコアを作って行く上でとても大事な

アプローチですがなかなか練習環境がないのが

今の日本のゴルフ環境です。

 

そんな中でも上達するためには練習場で

工夫するしかないですよね。

 

このおすすめしたドリルをマスターすると

かなりアプローチが安定してきます。

打ち方が安定すればあとは芝生の上で慣れるだけです。

 

このアプローチの基本は全てのショットの基本でもあるので

これができればショットの安定にもつながりますよ。