アプローチの打ち方は様々あります。

 

中でも憧れなのが

バックスピン! 

 

じゃないですか?

 

この打ち方はいろんな人がいろんなことを言っているので

どれがほんとかよく分からないですよね。
(人それぞれ感覚を言葉にすると全く違うものになったりします)

 

その辺りを噛み砕いて見たいと思います。

 

バックスピンに必要な要素とは?

 

なんでもかんでもバックスピン!

ってわけにはいきません。

だいたい必要のないところで

無理にスピンをかけに行くことはしないほうがいいです。

 

なぜなら、

バックスピンにはリスクが多いから

 

スピン量をコントロールするのは経験と感覚のみです。

うまくいかなければ止まらない

もしくは止まりすぎることも起こりますし

大怪我に繋がることもあります。

 

まずはリスクの少ないアプローチを選択しましょう。

それでもスピンがないと寄らないようなシュチュエーションの場合にのみ

チャレンジしてください。

 

スピンがかかるためにはかけるための必須条件があります。

  • ライ
  • ボール・クラブ
  • 打ち方

この3つが揃ってることが条件です。

ライはヘアウエイや軽いラフの順目など

フェイスとボールの間に芝が入らないこと

 

ボールはカバーが柔らかいもの

ゴルフボールツアーモデルスピン系はこれだ!!レビュー

クラブも鍛造で柔らかく溝がしっかりあるもの

ゴルフスピンのかかるサンドウェッジ8選!!

 

これらが揃った上での打ち方です。

 

アプローチのスピンのかかる打ち方とは?

まず、スピンがかかるとはどういう状態なのか?です。

 

スピンはボールとクラブフェイスの

摩擦ですよね。

 

よくプロが

「今のはフェイスに乗った」

と表現しますがボールがフェースに

長く接地するほど摩擦が増えるのです。

 

それをプロは感覚でフェイスに乗ったと感じるんですね。

 

だからフェイスに長くボールを密着させればスピンがかかるということです。

 

長くフェイスに乗るということは

ボールの飛んで行く方向、角度にクラブフェイス同調して動く

ことが必要です。

 

飛球線の方向、飛び出す角度と同調してクラブが動けば

ボールは長くフェイスに接することになります。

 

このアプローチの動画を見てください。

 

View this post on Instagram

 

GolfBetterTucson.comさん(@golfbettertucson)がシェアした投稿

あまりコックしていませんよね?

鋭角にも打ち込んでいないでしょ?

ほとんどターフも取れていません。

でも、すごいスピンで止まってます。

 

スピンをかけるアプローチは

鋭角にダウンブローじゃないとかからない

と思ってる人も多くないですか?

 

赤の矢印がクラブの軌道です。

緑がボールの飛ぶ角度です。

 

強いダウンブローの場合

ダウンブローがきついとボールの飛ぶ角度に

クラブの動く方向が合わないですよね。

 

確かにハンドファーストの軽いダウンブローは必要です。

が、極端なダウンブローは止まりません。

 

スピンは増えてもボールに前へ飛ぶ力が強く加わりすぎて止まれません

 

今度は

極端なカット打ちです。

これもボールの飛ぶ方向からクラブがずれてきます。

なのでフェイスに接地する時間が長くなりません。

 

カット打ちでスピンをかける場合はかなり

ヘッドスピードを上げて打たないと止まりません。

かなりリスクがかなり増えます。

動画の最後のアプローチはそんな感じのアプローチです。

 

筆者がスピンをかけるときは

早く振りません。

ヘッドスピードを上げてかけるスピンは

切るような打ち方になるのでリスキーです。

 

軽くフェイスを開きバウンスを使える形を作ります。

バウンスを滑らせるように入射角度を浅めにインパクトします。

バウンスをうまく使うとバウンスが下から押し上げてくれるので

その力で飛球線方向に長くクラブを使います。

するとボールをに長くクラブに接地さることができるので

フェイスにボールが乗っかります。

 

スイングスピードを上げないのがコツです。

 

長くフェイスに乗ったボールはフェイスを開いていても

低く柔らかく飛んでいきます。

 

するとキュッとスピンで止まります。

 

フェイスを飛球線方向に長く使うとフェイス面が

自分の方向に向いているように使うことになります。

これが一つの目安になると思います。

 

まとめ

スピンをかけるアプローチができれば

難しいシュチュエーションのアプローチも寄せることが

できるかもしれません。

でも、かなりの練習量が必要です。

 

まずは基本のアプローチができるようになってからですが

ゴルフアプローチの打ち方の基本とは!?

スピンアプローチができれば

選択肢も増えて可能が増えることは間違いないです。
(選択肢が増えることで寄らなくなったりもしますが)笑

 

ぜひ、遊びながら練習してみてください。