By: Tour Pro Golf Clubs

 

突然ですが・・・

 

ボールに書いてますか!?

 

プロでも書く人描かない人で別れるみたいですが

アマチュアは絶対書いた方がいいと思います。

 

プロや上級者で本当にパターが上手い人は

線書いていない人が多いです。

 

これはパターの上手い人は

長年の鍛錬で

どこ向いてるかセンサー

が体に備わってる人だからです。

 

ゴルフはパターに限らず

正面向いて打つことがないスポーツですよね?

全ショット横向いて構えて打ちます。

 

ラインを読むときは真後ろや反対側から

ラインに対して正対して見ますよね?

それからアドレスに入ると横に向きます。

 

これ鍛錬してる人じゃないと

ちゃんと決めた目標に向いてるかわからなくなるものです。

 

経験ないですか?

ライン読んでるときはカップ1個のフックと思って

構えたらもっと曲がるように見えること。

 

これ目線が変わるから仕方ないのです。

 

そこでボールに書いた線が大事になってくるのです。

 

正対して読んだラインにその線を真っ直ぐに

合わせれればアドレスに入った時に目安ができます。

この線を信じて打てれば読んだラインが合ってれば格段と

カップインの確率は上がります。

 

ただ、問題があります。

線がまっすぐに合わせれない

 

プロでも線を書かないという人は

まっすぐに合わせるのが苦手だそうです。

 

これ練習が必要なんです。

スポンサーリンク

 

パター時のボールの線の合わせ方

 

ボールに引いた真っ直ぐなラインを

どこ見て合わせますか?

 

ラインの後ろに下がって姿勢を低くして

線を合わせてませんか?

こんな角度で見てませんか?

 

これは知り合いのプロゴルファー

に教えてもらったのですが

 

後ろに下がって姿勢を低くして

 

合わせちゃダメだそうです。

こうして合わせようとすると

合わせてるうちにどこに向いてるか

分からなくなります。

 

おすすめな合わせ方は

少しボールに近ずき

体のセンターにボールが来るように座ります。

顔の下までとは言いませんが結構近くに座ってください。

で、まずは決めたラインに正対してください。

体の下で正対した方向にボールの線を合わせます。

こんな感じでボールが見えるくらいの場所に座ります。

体で方向を感じて合わせます。

 

これ以外に目で見て合わせるより

簡単に合わせれますよ。


スポンサーリンク

線の合わせ方の裏技

 

ここまででボールの線がラインに合ってれば

問題ないのですがまだ不安がある人は

最後に裏技です。

 

これは筆者がやってる方法ですので

もし興味あれば試して見てください。

 

パターのシャフトを使います。

 

わかりにくいですがボールの線にパターのシャフトを

合わせてどこに線が向いてるか確認します。

 

コツとしては

スライスラインの場合は

シャフトの右側で合わせます。

 

反対にフックラインの場合は

シャフトの左側でラインを合わせます。

 

そうすることで目標が

シャフトに隠れずに確認ができます。

 

これが合い始めると

自信持ってパターできるのでショートパットは

強めに打てるようになりますよ。

スポンサーリンク

練習でも線を合わせる

線の合わせ方分かっていただけましたかね?

 

この合わせ方を家でパターマットで練習する時も

時々はやってください。

パターマットで打つときはパターマットのラインや

部屋のフローリングのラインなど

目安になるものが沢山あります。

 

けど、実際のグリーン上ではそういったものがありません。

パターマットで打ってるときは知らないうちに

そういった目安になるラインに頼って打っています。

 

そんな時もボールのラインだけを頼りに打つ練習を

しとくと本番に近い練習ができます。

 

あと、朝の練習グリーンでも全部とは言いませんが

ショートパットするときはボールの線を

きっちりと目標に合わせて打ってください。

 

そんな積み重ねが線を真っ直ぐに合わせれるようになるコツです。

 

バールに書いた線を使ってバンバンカップインしましょう!