Embed from Getty Images

 

ライダーカップ 2018

ヨーロッパ選抜 優勝

戦前の評判を覆し

地元ヨーロッパ選抜が

17.5p vs 10.5p

で大勝しました。

 

初日の午前中の段階では

やっぱりアメリカ強しと思いましたが

F・モリナリとT・フリートウッドを

中心に午後の全勝での巻き返しで

勢いがついた感がありますね。

 

今大会の中心は

F・モリナリとT・フリートウッドですね。

T・フリートウッドは最終日のシングルスは

負けてしまいましたがF・モリナリは

シングルスも勝って全勝ですからね。

この二人でタイガーウッズ を3タテしたことは

大きかったと思います。

 

一方、アメリカはやっぱりタイガーウッズ の

全敗が痛かった・・・

 

ツアー選手権で完全復活したかのように

思えたタイガーでしたが今回のライダーカップ では

輝きがありませんでした。

要所でのスパープレーはありましたが続かない。

また、コンビを組んだP・リードとB・デシャンボーが

タイガーウッズ を意識しすぎるのかあまりにも

調子が上がらない。

 

一度、出来上がった悪い流れは止めれませんでした。

 

その中ではJ・トーマスとJ・スピースの

仲良しコンビは3勝1敗と機能していました。

 

次のライダーカップ のアメリカ選抜は

この二人を中心にタイガーウッズ を誰と組ませるのか!?

がカギになりそうですね。

 

次のライダーカップ はアメリカのウィスコンシン州にある

ウィスリング・ストレイツ

で行われる予定です。

スポンサーリンク

ライダーカップ 2018最終日 ハイライト動画

シングルスマッチの筆者の一押しマッチ マキロイvsトーマス


スポンサーリンク

ライダーカップ 2018 総括

ライダーカップ 2018 最終日 ドライビングレンジ

スポンサーリンク

まとめ

事前の評判を覆し

ヨロッパ選抜が大勝した今大会でした。

 

メンバーをみてる段階では

アメリカ選抜が負ける要素が見当たらないと

思いましたが、これがゴルフの面白い所ですね。

 

地元の強さも相まって勢いを

ヨーロッパ選抜に感じました。

 

最終日の

J・トーマス vs R・マキロイが筆者の

シングルス一押しマッチです。

前半はマキロイが押していたのを

後半トーマスが巻き返して

最後は18番ホールのあの狭いフェアウェイの

ど真ん中にビックドライブを打ち最終的には

トーマスが押し切ったとってもスリリングな

マッチだったと思います。

 

やっぱりライダーカップ は面白い!!

 

通常のトーナメントでは見れない選手の一面が見れるし

選手の盛り上がり方が見てて興奮します。

勝って喜び負けて本気で悔しがる。

お金がかかってないからこその姿なのかもしれないですね。

 

これでシーズンオフに入ります。

 

が、もうすぐ新シーズンが始まります。

 

選手にはしっかりリフレッシュして

また、最高のゴルフを見せて欲しいと思います。

 

来年はプレジデントカップですから

松山英樹プロも出場すると思いますから

今から楽しみですね!