Photo by Pixabay

 

こんなラフに埋まって

苦労したことありませんか?

 

ラフの打ち方は色々言われますよね?

フェイスを閉じろだとか

フェイスを開けだとか

上から打ち込めだとか

払うように打てだとか・・・

 

何が正解なのか?

 

人それぞれの経験とイメージで

言い方があるのでどれが正解で

どれが間違いっていうことはないと思います。

 

それぞれのイメージに合う

打ち方を見つけることが大切です。

スポンサーリンク

アプローチのラフの打ち方

ラフから打つ時の気をつける点

色々言われる打ち方ですが

共通することは

 

ラフはフェイスとボールの間に

芝生が噛むのでスピンはかからない

スイング中に芝生の抵抗があるので

通常のアプローチより飛ばない

 

どんな打ち方でもこのことは

踏まえて打つ必要があります。

 

どのくらいのラフでどのくらい抵抗があれば

どれだけ飛んで転がるのか?

 

これは経験して体で覚えるしかないと思います。

 

打つ前の素振りで飛んでいくボールを

イメージできように練習しましょう。

 

ラフでのアプローチ 打ち方のおすすめ

まず、ラフからはスピンがかからないので

転がることを前提にしてください。

 

で、筆者のおすすめはフェイスを

開くです。

なぜかというと

フェイスを閉じると

リーディングエッジが芝生に引っかかり

大きなミスに繋がりかねません。

リスクを避ける意味でもフェイスは開いた方がいいです。

 

フェイスを開くことで

ネック部分が先導して芝生に入るようになり

ネックとリーディングエッジで

矢じりを作って芝生をかき分けます。

このフェイスを開くおかげで

バウンス(ソールの出っ張り)が使えるようになります。

ラフに沈んでいてもボールの下には

スペースがありそのスペースに

バウンスを使い滑り込ませることができるのです。

 

フェイスを開いて

バウンスを使い滑り込ませて

ネックからクラブを入れることで

芝生をかき分け芝生の抵抗を減らし

打っていくと以外に簡単に打てるんです。

 

この時ハンドファーストにしてもしなくても

どちらでも大丈夫です。

 


スポンサーリンク

動画の補足

フェイスを開いてラフから打つ時の

コツとして手首を使いすぎないことがあります。

 

動画では言ってませんが

リストを使いすぎるとボールの下をクラブが

くぐってしまいだるま落とし状態に

なってしまうことがあります。

 

このことを避けて安定したアプローチをするためには

左手、左腕、左脇を一体化させて

体の回転で打つことをおすすめします。

 

こうすることで入射角度が

浅くなり下をくぐることが少なくなります。

 

人によっては右手首の角度を変えないで保つ

という人もいますが同じ効果になりますね。

 

どちらでもイメージしやすい方でやってみてください。

ゴルフは科学!感覚ではなく運動学と物理学で学ぶゴルフスイング

スポンサーリンク

まとめ

ラフからのアプローチは直接ボールに

コンタクトできない分、距離を合わせることが

とても難しいです。

バンカーと一緒で練習で感覚を身に付けることが

大事になってきます。

 

慣れてくると意外に簡単に出るものなんですが

距離感が出しにくいので無理をせずに

あまり寄らなくてもそこそこでいい

と余裕を持ってアプローチしましょう。

Embed from Getty Images