スポンサーリンク

 

どうも。ハングオーバーです。

 

毎年、各メーカーから新たなドライバーが

発売されますよね。

 

どんどん技術が進化して行くので

会うたびにドライバーが変わってる!?

なんて人もいますよねw

 

 

皆さんは何を基準でドライバーを選んでますか?

 

ドライバーの魅力はやっぱり飛距離ですよね。

 

 

でも、プロや上級者が使うものは

難しくて扱いきれない・・・

 

 

確かにある程度のヘッドスピードがないと

扱いきれないのがプロも使うモデルです。

 

そんなプロや上級者ほどのヘッドスピードが

なくても飛ぶドライバーがあるんです。

今はギアで飛距離が稼げる時代です。

 

そんな優しくても飛ぶドライバーの

おすすめをランキングにしてみました。

自分のタイプと合わして参考にしてみてください。

飛ぶドライバーおすすめランキング

 

第1位 テーラーメイド M GLOIRE M グローレ



M グローレの購入はこちらから

 

スピン量     少★★☆☆☆

弾道の高さ    低★★★★

スイートスポット 狭★★★★☆

弾き       弱★★★★☆

 

テーラーメイドのグローレの最新ドライバー

Mグローレです。

以前から飛ぶと評判でシニアプロや女子プロの使用率の高い

グローレドライバーが男子ツアー使用率no.1のM3/M4の

技術を取り入れてリニューアルしたモデルです。

とにかく飛びに特化したドラバーです。

Mグローレの詳しいレビューはこちらから

一押しポイント

  1. ツイストフェイスで弾道のばらつきを減らし、飛距離と直進性を両立
  2. ハンマーヘッドデザインで初速アップとスイートエリアを拡大
  3. ドローバイアスウェイトとバックウェイトの配置で高弾道を実現

 

第2位 キャロウェイ ROGUE STARローグスター


キャロウェイ ローグの購入はこちらから
USモデルの購入はこちらから

スピン量     少★☆☆☆☆

弾道の高さ    低★★★☆

スイートスポット 狭★★★☆

弾き       弱★★★★☆

キャロウェイの前作エピックは飛ぶと話題になりアメリカでNO.1になりました。

このローグはそのエピックのテクノロジーをさらに進化させた

優しく捕まって飛ぶドライバーです。

ローグドライバーは他のドライバーに比べてバックスピンが少ないのが特徴です。

バックスピンが多めで吹き上がり気味な人はかなりの飛距離アップが期待できます。

ローグスタードライバーの詳しいレビューはこちら

一押しポイント

  1. JAILBREAKテクノロジーでインパクト時の
    クラウンとソールのたわみを抑制しエネルギのロスの軽減
  2. ドロー設計でつかまりやすくスライスを軽減
  3. ボーイング社と共同開発でスイング中の空気抵抗を軽減

 

第3位 プロギア RS2018ドライバー




プロギア RS2018の購入はこちらから

スピン量     少★★☆☆☆

弾道の高さ    低★★★☆

スイートスポット 狭★★★★☆

弾き       弱★★★☆☆

 

プロギアのRSドライバーには2種類あり

フェードが打ちやすい設計のRS-Fと

ドローが打ちやすいRSドライバーです。

ギリギリがキャッチフレーズのRSドライバー

可能な限りスイートスポットを広げ

打点がずれても高初速を実現しました。

プロギア RS ドライバーの詳しいレビューはこちら

一押しポイント

  1. 新Wクラウン設計+Wモーメント設計で160%まで高初速エリアをアップ
  2. フェイスの上下左右に2つの慣性モーメントを最適化させる設計で打点のずれをカバー
  3. 深い重心でドローの打ちやすい設計でややシャローなデザインが高弾道をイメージしやすい

スポンサーリンク

第4位 PING G400MAX ドライバー



PING G400MAX ドライバーの購入はこちらから
USモデルの購入はこちらから

スピン量     少★★☆☆☆

弾道の高さ    低★★★★

スイートスポット 狭★★★★☆

弾き       弱★★★☆☆

 

プロの使用率も高いPINGのG400ドライバー

そのG400の中でも優しく飛ばせるのがMAX

慣性モーメントが高い設計になっているので

ブレずに飛ばすのがMAX。

他のG400シリーズより一回り大きい460ccヘッドで

安心感もアップ。

詳しいG400max のレビューはこちらから

一押しポイント

  1. 高慣性モーメントでブレを抑えて飛距離と方向性のアップ
  2. クラウンが薄型になりより低重心で低ロフトでも高い打ち出し&ロースピン
  3. クラウンに空気抵抗を極限まで抑えるタービュレターを搭載し大型ヘッドでも振り切れる

 

第5位 タイトリスト NEW VG3 2018



タイトリストNEW VG3の購入はこちらから

スピン量     少★★☆☆☆

弾道の高さ    低★★★★

スイートスポット 狭★★★★☆

弾き       弱★★★☆☆

 

シリーズ最大の直進性と飛びが売りのVG3ドライバー

クラウンにタイトリスト独自のテクノロジーで

軽量化が施されて軽さと慣性モーメントが両立され

強い直進性と最大の反発で大きな飛距離を実現したモデルです。

軽く振りやすいのが特徴でさらにはつかまりやすいのも魅力です。

VG3ドライバーの詳しいレビューはこちらから

一押しポイント

  1. 穴あきクラウンのチーターテクノロジーで軽量化
  2. 軽く強いカーボン製のスピードクラウンで強さと軽量化を両立
  3. 鍛造スピードフェイスで広いスイートエリアと高反発、そして心地よい打感を実現

 

6位 BRIDGESTONE  TOUR B JGR ドライバー



TOUR B JGR ドライバーの購入はこちらから
USモデルの購入はこちらから

スピン量     少★★★☆☆

弾道の高さ    低★★★★

スイートスポット 狭★★★☆

弾き       弱★★★★☆

 

飛距離モンスターが売りのJGRドライバー

たわみを抑えるのではなく

クラウンのたわみを作って弾いて飛ばす

他社とは違う独自のテクノロジーで

大きな飛距離を可能にいました。

弾くのにたわみがあることで食いつきもよく

打感がいいのも特徴です。

 

一押しポイント

  1. ブーストテクノロジーでパワーをフェイスに集中させることで最大の弾きを実現
  2. ブーストウェーブテクノロジーでクラウンをウェーブ常にたわますことで初速と打ち出し角をアップ
  3. ブーストパワーリブデザインでソールのを強化してクラウンのたわみを増幅

 

第7位 ダンロップ XXIO10 ドライバー



XXIO10ドライバーの購入はこちらから
USモデルの購入はこちらから

スピン量     少★★☆☆☆

弾道の高さ    低★★★★

スイートスポット 狭★★★★★

弾き       弱★★★★☆

 

ゼクシオといえばレディースやシニアなイメージを

持ってるかもしれませんが今年のはじめに

アーニー・エルスがスリクソンではなく

ゼクシオを選んだのをご存知でしょうか!?

エルスはゼクシオとアンバサダー契約をし、

実際に試合でもゼクシオドライバーを使っています。

優しく飛ばせるゼクシオをかなり気に入っているそうで

ツアーでゼクシオの良さを伝道して歩いてるなんて

噂も聞こえてきます。元々、高性能だったゼクシオ。

それをレジェンドが使うことでこれから男子プロにも

使う人が出てくるかもしれないですね。

 

一押しポイント

  1. 粘って、粘って、最後に一気に走る独自開発のシャフト
  2. ハイ・エナジー・インパクトヘッドで反発エリアを拡大
  3. ヘッド内部のサウンドリブ構造でゼクシオ独特の高く伸びのある打球音

 

第8位 ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー 2019



インプレス UD+2 ドライバードライバーの購入はこちらから

スピン量     少★★☆☆☆

弾道の高さ    低★★★★★

スイートスポット 狭★★★★☆

弾き       弱★★★★

 

プラス2番手の飛びのインプレスUD+2シリーズ

ドライバーも優しく飛ぶテクノロジーが満載です。

構えやすい安心感のあるヘッド形状で

深い重心深度と大きな重心角で慣性モーメントを

最大限に生かして方向性をアップ。

さらにオリジナルシャフトがインパクト時のロスを

極限まで抑えることでさらなる飛びに繋がります。

 

一押しポイント

  1. ルールの限界に迫る反発性能
  2. 超程重心、超深重心設計で上がりやすくつかまりやすく脅威の飛びを実現
  3. オリジナルのシャフトは無駄なたわみを抑えてエネルギーのロスを軽減

 

おまけのおすすめ

ここまではルールの適合の中でのぶっ飛びドライバーを紹介してきましたが

試合に出るわけではないのであればルール適応外のドライバーもおすすめです。

ルールを気にしないのであれば反発係数も気にしないのでいいので

抜群の弾きのドライバーが選べます。

 

カムイワークス KM-300 GOLD



カムイワークス KM-300 GOLD の購入はこちらから

フェイス面を限界まで薄く薄くして

さらにヘッド内にスプリングを内蔵することで

薄いフェイス面がたわんだところを

内側のスプリングが押し返すことで

最強の弾きを実現しています!

あまりのフェイス面の薄さで

ヘッドスピードの上限が記載されています。

ヘッドスピード40m/sを超えると

フェイスが割れてしまう危険があるそうです。

 

究極の飛びを実現した高反発ゴルフドライバー HAYABUSA



詳細はこちら

とにかく飛ぶことに特化したドライバーです。

シニアに朗報となってますがとにかく飛距離が

欲しい人には朗報ですね。

詳しくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

やっぱりドライバーは飛ぶのが魅力ですよね。

各メーカーのテクノロジーの進化は目覚ましいですね。

 

基本的には飛ぶドライバーの共通するところで

 

スイートエリアが広めで

反発力が強くて

スピンが少なく

空気抵抗を計算されて振り抜くやすい

 

これらを基準として

球が高い人はよりスピンの少ない物を

球が上がらない人はつかまりがよく

高弾道が出やすいタイプを選ぶなど

自分のタイプと照らし合わせながら

選んでみてください。

 

また、これかたも新しいドライバーが

発売されると思いますので随時更新していきます。