どうも。ハングオーバーです。

 

今回はエピックから進化したという

ローグシリーズのローグスタードライバーの

評価やどんな特徴のあるドライバーなのかを

みていこうと思います。

 

ローグシリーズはエピックの後継というわけではなそうで

別のシリーズという位置付けみたいです。

だから今もエピックは発売されています。

スポンサーリンク

ローグスタードライバーの特徴は?

全米で飛ぶドライバーとして

評価されていたエピックのテクノロジーを

元にさらに優しく真っ直ぐ飛ぶドライバーに仕上がっています。

 

エピックと同じ2本の柱 JAILBREAKテクノロジー

フェイス面のすぐ裏に

2本の柱を設けることで

クラウンとソールのたわみを制御。

無駄にたわまないことでボールの初速が上がりました。

さらにローグでは柱の中心部分を細くすることで

強度と軽量化の両立を実現しています。


JAILBREAKなし


JAILBREAKあり

 

より薄く弾くフェイス面 X-Face テクノロジー

エピックにも採用されているテクノロジー

X-Face テクノロジーはフェイス面を薄くすることで

生み出される強い弾きで初速をあげています。

それをローグではさらに進化させて

より薄いフェイス面を実現しています。

 

このJAILBREAK テクノロジーとX-Face テクノロジーの融合で

強度×最強の弾き

を実現しでいます。

 

確かにエピックやこのローグは

インパクトでの弾いてる感じがすごくあります。

打感は好き嫌いがあるとは思いますが

初速の速さは打てば分かりますね。

 


スポンサーリンク

アドレス時の安心感と捕まりやすい設計

エピックに比べて

構えた時の投影面積が大きくなっています。

投影面積(構えて時に見える面積の大きさ)が

大きいとアドレス時すわりがよくなり

構えた時の安心感が生まれます。

筆者はこれが結構大事だと思っていて

構えた時に安心感のないドライバーは

ストレスのかかる状況ではしっかりと

振っていけないと思うんですよね。

だからドライバーを選ぶときは

まずはここをチェックします。

 

重心距離が短く設計されているローグスター。

このおかげでヘッドのローテーションがしやすく

ボールがつかまりやすくなっています。

さらにヒールの外と内にウエイトが設置されており

その為に重心位置がヒールよりになり

ギア効果でドローが打てる(ドローバイアス)ようになってます。

自分でつかまえに行かなくても

ギア効果でつかまった球が打てるのは安心感があります。

スライスで悩んで飛距離をロスしてる人には

絶対的にオススメですね。

 

スポンサーリンク

総評

 

石川遼プロも言ってますが

上がりやすくつかまってドローが自然に打てるドライバーですね。

弾きがいいのはエピックから変わらずそれ以上に弾く感じがします。

エピックは正直構えた時にあまりの安心感があまりなく

若干、筆者には違和感がありました。

 

 

これは個人差あるのでなんとも言えませんが

このローグはエピックに比べて

構えてソールした時の安心感は増しています。

 

ただ気になるのは、石川プロもこんなにいい球打ってるのに

試合であまりローグドライバーを使っていないことです。

このドライバーは優しく上がるので

トッププロが試合に使うには球筋が上がりすぎるのかもしれませんね。

 

でも、これはHS40前後の人には逆にいいことですよね。

ドライバーがスライスでボールが捕まらないと悩んでる人

試してみるといいかもしれませんね。

ローグスタードライバーの購入はこちらから

このローグ以外にもおすすめなドライバーがありますので

よかったらチェックして見てください↓ ↓ ↓
飛ぶドライバーおすすめランキング